桃が食べたくて

桃が食べたくて

桃が食べたくて

ここ数週間ほど前から、桃が食べたくて食べたくてしかたがないんです。
暑くてすでに夏バテ状態なのに、毎日毎日残業で、体力的にも気力的にも疲れ果てた状態で会社を出て、蒸し暑くてぎゅうぎゅうづめの電車に乗って1時間も揺られ、家の最寄りの駅に着いた頃には魂も抜けてなんだかぺっちゃんこになってしまったような気持ちになります。
それでも夕飯には何か食べなくちゃならないから、駅前のスーパーに行って、売り場をぐるっとまわりながら冷房で体を冷やし、本日の特売品を中心に献立を考える。そんな毎日。
そうすると、香っているのです。スーパーの入り口の自動ドアが開いて、一歩店内に足を踏み入れた瞬間に、桃の甘い匂いが。
スーパーって、どういう理由か知らないけれど、入り口にいちばん近いところに野菜や果物などの生鮮コーナーがありますよね。そしてこの時期、果物といえば桃。私の家の最寄り駅のそばには、大きな総合スーパーと、ちょっと小さな食品スーパーがあるのですが、どちらも入り口を入ってすぐのところ、まさに目の前に桃、桃、桃。
暑さと疲労で疲れ果て、電車で押されてぺっちゃんこになってしまった私の心と身体が、桃の甘い匂いにどんどんひきつけられていくのです。
あぁ、桃、食べたい! なんてまるっと大きくて、美味しそうなんでしょう。だけど、2個で498円って、高い!!
もう少し小ぶりなほうは? あぁ、こっちも2個で398円...
リンゴやキウイやペリカンマンゴーは1個ずつのばら売りもあるのに。なんで桃は2個セットしかないの? 1個だけでいいから、150円くらいで買えないかしら。
あぁ、桃が食べたい食べたい食べたい。